好きなものを好きなだけ、好きなようにお届け中. STEELPAN, 写真, 本, 音楽, SNOOPY, 料理, インドネシアなどなど
by quwaimai
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
daily life
steelpan
camera/photo
art
book
color
indonesia
music
cooking
utautai
university
▼手づくり本棚堂
読んだ本(月に1~2回のペースで更新中)
ブクログ

▼STEELPANを教えてくださった先生
Michael "Manish" Robinson
Super Sonics Steel Drum Academy


▼全国のSTEELPAN Player
ZULU CHANT
La vie est belle! 2
カンタビーレ!
トンボの雑記帳

▼おともだち
毎日が料理の勉強
kelogo-scape
Diary+α
キューブリックの生活
タグ
(126)
(43)
(41)
(15)
(10)
(10)
(5)
(5)
(3)
(3)
以前の記事
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
more...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
詩を織る
私は、「詩織」という名前だ。
両親が用意した2本の縦糸に「詩(うた=想い・感情・音・色・情景)」という横糸を「織る」ように、そして一生かけて織った錦は両親から私への贈り物であり私から私の大切な人への贈り物である、との意味が込められている。

27年前の今日、私はこの名前の下に生まれた。

この名前の由来を理解できるようになったのは随分後だけれど、以来ずっと大切に思ってきた。
カラフルな部分もあればモノトーンもある、柄もあれば無地もある、丁寧に仕上げている部分もあれば解れている部分もある、一生懸命織ったこともあれば織ることすら止めたこともある。
そうして出来た26年分の錦は見るからに歪で、しかし間違いなく一つの長い作品で、オンリーワンで、これからどこまでか分からないが続くのである。

この名前をつけた父親からのメール
「素敵な横糸の一年になるように祈っている」

今私は何色の糸を手にしているんだろう?何を織ろうとしているんだろう?時折ふと思う。時に重く時に頼もしく、この名前は私を悩ませ勇気づける。

さて、27年目はどんなパーツとなるのだろう?

f0015025_0123957.jpg
+
たくさんのメールありがとうございました。
いつも近くに居てくれる人たち、大学時代の相棒、浪人時代の相棒、高校時代の部活の顧問の妻、広島の母、バイト仲間、空手部仲間、会社の先輩、なんとインドネシアの親友からも☆
本当にありがとう。皆との思い出も大切な横糸となっています。
これからもよろしくお願いします。
(追加:小学生の頃からの相棒にもありがとう)
+
超個人的なコト
糸が絡んでいたけれど無事に元通り。
出来ることなら丁寧に織っていきたいもんです。
[PR]
by quwaimai | 2009-11-17 23:52 | daily life
<< おべんとうのこと そろそろ出しましょうか >>