好きなものを好きなだけ、好きなようにお届け中. STEELPAN, 写真, 本, 音楽, SNOOPY, 料理, インドネシアなどなど
by quwaimai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
daily life
steelpan
camera/photo
art
book
color
indonesia
music
cooking
utautai
university
▼手づくり本棚堂
読んだ本(月に1~2回のペースで更新中)
ブクログ

▼STEELPANを教えてくださった先生
Michael "Manish" Robinson
Super Sonics Steel Drum Academy


▼全国のSTEELPAN Player
ZULU CHANT
La vie est belle! 2
カンタビーレ!
トンボの雑記帳

▼おともだち
毎日が料理の勉強
kelogo-scape
Diary+α
キューブリックの生活
タグ
(126)
(43)
(41)
(15)
(10)
(10)
(5)
(5)
(3)
(3)
以前の記事
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
more...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
その日の形
本は好きでそれなりに読んでいるんだけれど、いわゆる「感動」というものを本の中でしたことは少ない。結構ドライに読むことが多い。

昨日さりげに手にした、購入後しばらく時間の空いていた重松清の「その日のまえに」―読み始めてから心が掴まれて離れられなかった。私は感動しているのか?それはやっぱり分からなかったけれど、本から離れられない経験は初めてだった。

『その日』とは即ち「死」を迎える日のことで、その日を迎えようとする(見守ろう、目の当たりにしようとする)人々がいくつかの短編に描かれている。
そして、「死ぬ」も「生きる」も「死んでいない」も「生きていない」も「死にたくない」も「生きたくない」も、筆者は全て同じ濃度で描きだしている。そこに筆者の死生観やメッセージめいたものはなく、ただただ全ての『その日』の形をこちらに伝えてくる。
だから物語がすごい圧力でこちらに向かってきて、それをどう受けとめれば良いのか分からなくて、離れられなかった。

きっとこの先も手にとることがあるだろう本。

大切な人が居る人、大切にされている人、自分のことが大切な人、大切って何か分からない人…全ての人に読んで欲しい本。

f0015025_12392250.jpg

[PR]
by quwaimai | 2009-11-27 12:39 | book
<< We are a tourin... 無題 >>