好きなものを好きなだけ、好きなようにお届け中. STEELPAN, 写真, 本, 音楽, SNOOPY, 料理, インドネシアなどなど
by quwaimai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
daily life
steelpan
camera/photo
art
book
color
indonesia
music
cooking
utautai
university
▼手づくり本棚堂
読んだ本(月に1~2回のペースで更新中)
ブクログ

▼STEELPANを教えてくださった先生
Michael "Manish" Robinson
Super Sonics Steel Drum Academy


▼全国のSTEELPAN Player
ZULU CHANT
La vie est belle! 2
カンタビーレ!
トンボの雑記帳

▼おともだち
毎日が料理の勉強
kelogo-scape
Diary+α
キューブリックの生活
タグ
(126)
(43)
(41)
(15)
(10)
(10)
(5)
(5)
(3)
(3)
以前の記事
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
more...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
サクラ ノ コトノハ
数日前、自分の働いているスーパーで桜の枝を買った。
普段生け花をしているわけではない。おばちゃんの抱えていた桜に惹かれただけ、ただそれだけの理由で、私も同じように桜を抱えてアパートに戻った。
その後桜は、フラーワーベースに飾られることもなく、前から部屋にいる他の植物に混ざって8畳間の部屋の隅っこにいる。
私はというと、桜の花が咲いている部屋に心躍らせて帰宅することもなく、普段どおりに生活していた。むしろ、桜を買ったことは忘れていたような気がする。


今朝、着替えるときに気付いた。床が桜の花びらでいっぱいになっていた。
蕾が多い枝を選んだのに、もう花が咲いていた。
満開の花より、床の上の花びらが気になった。

日本には自分が知らない美しい言葉がたくさんある。
花びらが地面に降り積もっている様子は「花筵(はなむしろ)」または「花茣蓙(はなござ)」ということを今朝雑誌を読んで知った。
美しい言葉。日本に生まれて良かったと単純にそう思った。
こういう時にだけ日本を誇りに思うなんて少しずるかったかな。

チャイムが鳴り、2日後に控えた卒業式の袴が届いた。
色は桜の花よりずっと深い赤色。柄は桜の花だっただろうか、確認したのにもう忘れた。

美しい言葉と、晴れ舞台で着る袴が同時に訪れたのに、やっぱり心のどこかが晴れないでいた。
8畳間の隅に現れた「花筵」は、片付けないまま部屋を出た。
[PR]
by quwaimai | 2006-03-22 21:08 | daily life
<< 今までのこと、今日のこと、明日... あ! >>