好きなものを好きなだけ、好きなようにお届け中. STEELPAN, 写真, 本, 音楽, SNOOPY, 料理, インドネシアなどなど
by quwaimai
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
恋心
出会いは去年 衝撃的だった  すぐに恋に落ちた
キラキラの生活を送ることができた  幸せだった
あれから1年が経ち、心が通い始めたことを実感してきた頃だった
突然の遠距離
だけど、だからか、今愛しい気持ちは募る一方
距離が二人の気持ちを強くつないでいる
早く会いたい  もう待てない







STEEL PAN ――――――――――――――――――――――――!!!!!!!!

あ゛ぅ。。。どこかにSTEEL PAN落ちてないかなぁ。。。
インドネシアに居ながらもトリニのあいつが頭の中から離れないのです。
もう、PANを叩いていない歴の方が圧倒的に長くなってしまいました(涙)せっかく覚えた曲も今はすっからかんです。手首もきっと硬くなってしまってロールも下手になっとるだろうなぁ。
旅立ちの日にM先生の奥様から先生のDVDを餞別代わりに頂いたのですが、それの封を切ってしまったことから禁断症状が出始めました・・・。既に重症です。
やはり夏はPANと共に過ごさなきゃダメです。未だに夏を引きずる私です。

今更なんですが、やっぱりあの音の魅力は計り知れないわけなんです。
心身ともに疲労が蓄積しているとき、STEEL PANの音を耳元で感じると、本当に心も体も軽くなっていくのを実感します。
楽器も音もplayerの顔も、みーんなキラキラしていて、こんなHAPPYなことってないと思うんです。
そんなPANの近づけた喜びは1年経った今でも新鮮なまま心の中に閉まってあります。長く付き合っていきたいな。PAN叩いている姿を通して何かを伝えられるplayerになりたいなぁ。うんうん、考えているだけで幸せ。これが恋心なわけです♪

音のない生活をしているからか、最近夢の中に楽器が登場することが多くて。今朝の夢も、高校の吹奏楽部でチューニングをしている夢でした。自分の音とそのピッチに全神経を集中させるあの感覚が蘇ってきました。感動にも似た感覚で目が覚め、それを失ってきてるなと少し切ない気持ちも押し寄せてきました。
音のある生活-これが私の生活。奏者としても聴き手としても、いつまでも音に対する新鮮な感覚を持ち続けたいです。

インドネシアにも伝統音楽ガムランがあるんですけどね、中々耳にする機会がなくて・・・。
せっかく住んでいるんだから何とかガムランに接近したいと思います☆

以上、長くなりました。音楽バカのバカ記事でした。
[PR]
by quwaimai | 2006-10-12 13:55 | steelpan
<< 写真日記 selamat sore! >>