好きなものを好きなだけ、好きなようにお届け中. STEELPAN, 写真, 本, 音楽, SNOOPY, 料理, インドネシアなどなど
by quwaimai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
daily life
steelpan
camera/photo
art
book
color
indonesia
music
cooking
utautai
university
▼手づくり本棚堂
読んだ本(月に1~2回のペースで更新中)
ブクログ

▼STEELPANを教えてくださった先生
Michael "Manish" Robinson
Super Sonics Steel Drum Academy


▼全国のSTEELPAN Player
ZULU CHANT
La vie est belle! 2
カンタビーレ!
トンボの雑記帳

▼おともだち
毎日が料理の勉強
kelogo-scape
Diary+α
キューブリックの生活
タグ
(126)
(43)
(41)
(15)
(10)
(10)
(5)
(5)
(3)
(3)
以前の記事
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
more...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ぺーえる!
hari Senin 20 November 2006
ぺーえる(:PR,宿題)をたくさん抱えちゃっています。
このレポートがそのまま期末試験として扱われます。
お題は「中心市街地と郊外の土地利用と地価の関係について」
いや、もっとアバウトな出題のされかただったけど、それじゃ困ると自分で方向性を検討しています。対象国も枚数も言語も任せますって(もちろん日本語じゃダメです・・・たぶん)、本当何もかもアバウトだなぁ。

せんせーい、じゅぎょうはえいごでやってくれるってはなしだったのにぜんぶいんどねしあごじゃないですか。せんせいにあわせていんどねしあごべんきょうしてるけど、ないようのすべてはやっぱりりかいできないんですよぉ。なのにしゅくだいはばっちりだすんですね・・・

なんて言いたい事は山ほどあるけど、仕方がないんだな、自分でこの大学に来たわけだし。
でもそんなニワトリが先かタマゴが先か的な話まとめられるかなぁなんて不安になっていると
ふぅ..
取りあえず、日本の地価の歴史的変遷と現況についてまとめてますが、土地利用・国土利用についてはインドネシアとは全く異なるのでそこの補足説明も加えて、あ、そもそも地価形成システムも違うからその説明も・・・とやってると量がどんどん増えていっています。これを英語にするのか・・・と思うとまたまたついつい
ふぅ..
いっそのことインドネシア語の方が書けるのかも知れないなんて思ってしまう。
インドネシア語添削してくれる人は周りにたくさん居るしなぁ。でもこの気持ちは英語に対する逃げだなぁ(←聞き取り、読みに比べて書く能力がすこぶる低い私)。そう言えば昔、エリート某国立大学生が「持込み可」のフランス語テストで、フランス人を持ち込んだって話を聞いたことがあるなぁ。やっぱり一つの語学の壁を越えるとき、頼れるものは選んでらんないのはエリートも同じなのかなぁ。や、それってやっぱり頭がいいのか。
なんて時々思考があちこちしながら、ぺーえる、をやっています。
注)宿題をするときは集中しましょう。

締め切りは11月30日。
攻めの姿勢で楽しんでやるっきゃない!じゃないと暑さに負けて脳みそがとろけちゃう!きっと、こくまろ!(余計!)なんて心境です。
いざ取り掛かってみると、ニワトリとタマゴの話じゃないことにも気付いたし、何とかなりそうです。
ほっ..

*
最近、専攻分野である都市計画に関する自分の知識が非常に中途半端であることを改めて実感しているのです。そんな自分が恥ずかしい、悔しい、と思うことが何度もありました。
それでやっぱり気付いたのですが、私はこの分野が好きなのです。インドネシアに来て再確認することが出来ました。それでいいやってどうしても思えない自分に気付きました。放棄したくない。

‐‐知らないということを知る、そして、学ぶことに謙虚になる‐‐

今後の進路がどうなるかは私自身も予想が付きませんが、大学生活でこの分野に触れた証として、もう一度向き合ってみようと思います。

ってことは、ぺーえる、頑張んなきゃだな;;ふぁいとー!500ぱぁーつっ!!
応援・差し入れ・ヘルプ等々、随時受付中です^^
[PR]
by quwaimai | 2006-11-21 12:12 | indonesia
<< 折り返し地点 Terima kasih ありがとう >>