好きなものを好きなだけ、好きなようにお届け中. STEELPAN, 写真, 本, 音楽, SNOOPY, 料理, インドネシアなどなど
by quwaimai
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
JAM!!
ヒトコトで言ってしまえば、
「今日の練習楽しすぎ!!」

・・・はい。練習終わりでテンション高めです。
前回に引き続き、先生が不在のため、代わりに、アンディさんとベーシストのロジャートさん(両氏ともfromトリニ)がレッスンをしてくださいました。
まずは前回アンディさんが教えてくれたワルツを復習。とってもシンプルな曲だけど、これが、アンディさんの奏でる鍵盤に合わせたら心地良いのなんの♪♪
PANでワルツ!・・この組み合わせ、私、好きですわ。

続いて、嫌いな、というか叩けない#Morning Dance ・・叩けないから面白くない(泣)
その時、悪戦苦闘している私(達)を見てロジャートさんが教えてくれました。

- 難しく考えない。君(達)に足りないのは、ちょっとしたテクニックなんだ。
ゆっくり、1,2,3,4と数える。それを2つに分解する。タカタカ・タカタカ・タカタカ・タカタカ・・
それを4つに分解するタカタカタカタカ・タカタカタカタカ・・
このリズムをきちんと捉えながらローリングする。ね、きれいでしょ?
このリズムの中でスケールを叩く。ほら、ソロっぽいでしょ?
難しくない。難しそうな曲も、難易度の高そうなソロも、このちょっとしたテクニックに裏付けられているんだよ。

1,2,3,4を感じればいいんだよ。それができたら、「1拍目を2つに、2拍目を4つに、3拍目を3つに、4拍目を2つに」と、分解の仕方を変えてみて。
このリズムでスケールやコードを奏でてみて。ほら、かっこいいでしょ?

今、難しそうと感じている曲やソロを、この1,2,3,4のリズムで捉えてみて?リズムがはっきり浮きだって聞こえてくるようになったらベストだね。
きっとできる。ゆっくり、リズムを正確に掴んでいけばいいんだよ。-
[PR]
by quwaimai | 2008-10-17 22:51 | steelpan
<< 俯瞰するということ ひさひさに、 >>