好きなものを好きなだけ、好きなようにお届け中. STEELPAN, 写真, 本, 音楽, SNOOPY, 料理, インドネシアなどなど
by quwaimai
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ:university( 36 )
焼きみかん
そう言えばこの前、ゆうすけサンさんが研究室に遊びに来た時、
彼が前々からごり押してた「焼きみかん」にお付き合いしました。

More
[PR]
by quwaimai | 2006-01-08 13:50 | university
想い、から。
想いを伝える人がいる
想いを受け止める人いる

想いを信じる人がいる
想いを動かす人がいる

想いを形にする人がいる
想いを記す人がいる

今日は、ある橋の開通式イベントの打ち合わせに参加した。
そこには色んな人がいた。
まちづくりは、想い、から始まる。
想いが繋がりになり、やがて動き出す。

キレイゴトではない。
それがリアルなんです。
本当なんです。
このまちでは、そういうことが起きているんです。
[PR]
by quwaimai | 2006-01-07 21:10 | university
ある方の言葉。

自然に芽生えた芽でないと長続きしない!

そのとおり。
私は自分の研究との付き合い方に悩むことがある。
なぜならば、そもそもそれが自分の中に発芽したものではないからだ。
誰かから「これ育てて」って渡された芽。
それを育てなきゃってするほど、扱いに困ってしまう。

卒論を書くためだけに研究しているんじゃない。し、それじゃ嫌だ。
もっと主体的に取り組みたいんだけれど、なんかまだイマイチ。。
「私がこの芽を育ててるんですよ」って言えない。
いややや、研究にはきちんと取り組んでいるんだけれども、なんかまだこの芽の存在が私にとって・・・なんです。

愚痴じゃないですよ。
もっと楽しくてもいいはずなのになーって思っているんです。
自分の自慢の探究心が鈍っているんです。
自分の自慢のアンテナの感度が悪くなっているんです。
それがちょっとだけ不安なんです。
4年生の、ボヤキ、です。
[PR]
by quwaimai | 2006-01-06 23:09 | university
そつろんちゅうかんはっぴょう→うちあげ→よいおとしを
雑感

卒論中間発表
・テーマがむつかしい(シチョウソン+トシケイカク+シンギカイ)
・でも最近面白い
・でもどこかでまだ必死になれなかったり
・色々だけど、終えたときには少し成長できるかな

打ち上げ
・お隣の研究室の忘年会にちゃっかり(途中)参加
・みんなはほろ酔い
・私は今日は呑んじゃだめなの(がっくり)
・色んな顔、色んな話
・ほんの数年前までは、それぞれの土地でそれぞれの生活を送っていた人達が
・こうやって集まっているのを観てると
・人の縁ってやっぱり不思議だと思う

良いお年を
・これでみんな地元へ帰省
・私は今年も残留組
・会いたい人はたくさん居るけれど
・もう少し、ここで頑張らせてください
・今度会うときは、BIG SMILEで :‐D
[PR]
by quwaimai | 2005-12-29 18:55 | university
うれしかったこと
同じ研究室のインドネシアから来てるNさんと会話。
そこで嬉しかったこと

「日本の空は青い」
f0015025_15201754.jpgf0015025_15192024.jpg
インドネシアって1日で2時間くらいしか空が綺麗に見えんのんだって。
それって、あんまり想像つかないなぁ。







「おばあちゃんに顔が似ている」
f0015025_15261311.jpg
大好きなおばあちゃん。
しわしわの体も顔も、曲がった背中も、多趣味なことも、料理が上手なとこも(特に炊き込みご飯ね★)、皆に愛されているとこも、、、
ぜんぶだいすき。

ばあちゃんに似てるって言われたよ。
うち嬉しいんじゃけ、ばあちゃん♪


自分の好きなモノやヒトを褒められると、無条件に嬉しいよね。
[PR]
by quwaimai | 2005-12-21 15:40 | university
呼応
うーん。大学4年生ともなると、色々悩みが増えていきます。

昨晩、研究室の3年の子と長時間にわたってお話をした。
彼は同じ23歳だけれども、とてもしっかりしている。基本、クール。
でも、時々少年らしさを覗かしたり、熱く語ってみたり。とてもオモロイ子です。

思えば、大学生活4年目にして、あんなに自分達のフィールド(都市・地域計画)について意見をぶつけ合せたのは初めてのことだった。
いつも周りとの温度差を感じ、時々自分もその空気に飲み込まれそうになったりしてた。
これが私の想像していた学生生活ではないってジタバタして、悩みが増えていく一方だった。
そんな悩みも全部ひっくりめて語り合い。

昨日の語り合いは二つの意味で重みのある時間だった。
一つ目は、単純に互いの意見をぶつけ合うことができたこと。
二つ目は、新たな出会いを強烈に意識できたこと。
やっと出会えました。たくさんの話をして、見て、動いて、そんなことが一緒に出来そうな仲間に出会えました。

人と人の巡りあわせって、何かしらの意味があると思う。
呼応って表現すれば良いのかな。
その呼応によって、私の周りにも輪が出来てきている。
大切に育てよう。
[PR]
by quwaimai | 2005-12-17 21:03 | university