好きなものを好きなだけ、好きなようにお届け中. STEELPAN, 写真, 本, 音楽, SNOOPY, 料理, インドネシアなどなど
by quwaimai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
daily life
steelpan
camera/photo
art
book
color
indonesia
music
cooking
utautai
university
▼手づくり本棚堂
読んだ本(月に1~2回のペースで更新中)
ブクログ

▼STEELPANを教えてくださった先生
Michael "Manish" Robinson
Super Sonics Steel Drum Academy


▼全国のSTEELPAN Player
ZULU CHANT
La vie est belle! 2
カンタビーレ!
トンボの雑記帳

▼おともだち
毎日が料理の勉強
kelogo-scape
Diary+α
キューブリックの生活
タグ
(126)
(43)
(41)
(15)
(10)
(10)
(5)
(5)
(3)
(3)
以前の記事
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
more...
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ご挨拶
もうすぐ2009年です。
今年は手作り&手書き年賀状を!と、高校生以来の年賀状づくりで年末の気分を無理やり楽しみましたが、日本郵政公社の「年賀状はお早めに」との訴えむなしく、28日にようやく出し終わりました。私にしては上出来です。お友達の何人かは三が日明けくらいに、「平成20年元旦」と書かれたふざけた年賀状が届きますが、元旦でもなけりゃ、20年でもありません。許してください、素で間違えとりました。

あまり気合入れて目標立てるものなんなんで、このままこそりと2008年を終え、2009年を迎えたいと思います。

明日・明後日はただひたすら読書でしょうね。

皆さんよいお年を!
[PR]
by quwaimai | 2008-12-30 22:17 | daily life
机の上
は、こうです。
f0015025_2365928.jpg

きゃー!SNOOPYばっかり!!
ついでに、右手本棚もこう。
f0015025_238297.jpg

一番近くに置いてある本だけでも、6冊・・・。一番手の届きやすいところを、SNOOPYが陣取っています。教科書どこよ・・・?

SNOOPYはもちろん、PEANUSの仲間たち、さかのぼってはPEANUSの前身であるLi'l Folksに至るまで、すみずみまで愛しております。自覚はないですが、かなりマニアックなところまできているようです(周りの人談)。あちゃー。
“熱しやすい”B型ですから、好きなことには「とことん」です。SNOOPYには“冷めません”!
[PR]
by quwaimai | 2008-12-20 23:17 | university
最新デジタルに縁のない女
決して機械に弱い方ではありません。工学部だし。ただ、あまり興味はありません(きっぱり)。
見た目が大切。可愛ければいい。中身がすっげくても、可愛くないと、持ち歩きたくないと(あるいは部屋に置きたくないと)欲しくない。もっと言えば、可愛ければ、欲しくなくても買っちゃうこともある。
大学に入る頃、誰しもがMDコンポやウォークマンを持っていた。私は、妹から使わなくなったラジカセを“お上がり”で貰って、ここへ引っ越してきた。

それからというものの、基本的に、自分からデジタル機器を買うことはなかったように思う。
思い出を残したければ、友人あるいは研究室のデジカメを私物化してきて(最低)、自分で買う際はフィルムカメラを選んだ。
音楽を聴きたければ、妹から貰ったラジカセで再生し、もっと充実した音楽ライフを送りたくなった時にはレコードプレーヤーを買った。
調子がわるけりゃ叩いて直す。叩いて直らなきゃ知らんよ、そんなん。
「デジカメはカメラじゃなくて、ただの電化製品」と言ったら、「デジカメはデジカメだから大切にしなきゃいけないの!電化製品も大切に!」と周りに怒られ、ノートPCにイヤホンさして研究室内ウロウロして、「これ?うちのiPod」と言ったら、後輩に「まだiPod持ってないんすか」とバカにされ、ますます納得いかんくなった。そんなに私はデジタル対応できてませんか、と。
じゃああなた達の、たった一枚の写真に込める想い、こだわりはどこへ消えていったんですか?音楽を持ち歩く代わりに、聴こえなくなっている音があるんじゃないですか?あ、最初からそんなセンスで考えていないんとちゃいますか?と、そりゃ、こっちは変な関西弁にもなるわけです。

でも、こっちがデジタル機器に興味がない代わりに、向こうからやってくることは多い。
DVDの時代が到来し、DVDの再生に対応していないmyPCにため息をつきつつ、まぁいいや、ビデオになってる映画見ればと思ってた頃に、DVDプレーヤーももらった。
音楽の再生すら儘ならなくなったラジカセ&myPCにため息をついていた頃に、結婚式の2次会でiPod Shuffleを当てた。紫色のやつね。

それでも興味のない私は、どちらも一年以上そのまま放置していて、最近ようやくどちらも使い始めた。そのうち一つのiPot Shuffleくんには、斉藤和義オンリー約40曲をぶち込み、それなりの、だけど今更な感じの音楽ライフを送っていた。

・・だけど、やっぱり縁がないようで。
ざぶざぶっと洗い終えたコートを、今朝青空に向かい気持ちよく干していたところ、気がついた。
ポケットの中にiPot Shuffleくんが居ることを。
そして、彼はしつこい汚れを落とすため、昨晩からたーっぷりのアリエールジェルタイプに浸けられ9時間放置されていたことを。

・・ちーん。

あまり衝撃を受けることもなく、まぁとりあえず、何となく、他の洗濯物と一緒にベランダに干してきました。
それをさっき「そうそうそう言えばさ、、(笑)」と笑いながら研究室のメンバーに話したところ、また、怒られました。
別にいいじゃん、縁がないんだもん。

でも、DVDプレーヤーはね、途中何度か止まりつつ再生できました。
昨日観た「音符と昆布」は面白かったです。池脇千鶴がナイスッス。

公式HP http://www.onkon.jp/index.html
[PR]
by quwaimai | 2008-12-14 16:14 | daily life
祈るということ
f0015025_21413764.jpg

11月最後の週末は、高千穂の笑顔のふるさとへ夜神楽を観に。
いつもお世話になっている方のお家が神楽宿でしたが、ああやって、神楽のできる家の造りにしとるのって凄いなと改めて思いました。
暮らしの中に、文化が宿っている。息づいている。一体となっている。その集落ではごくごく自然なことなんだろうけれど、外の目から見ると感心しちゃうのです。自然すぎて凄い。

この集落を行き来するようになって4年目になりますが(実家よりずっと顔を出しているのは確実です)、いつも変わらず素敵でチャーミングな集落のおじちゃん達の顔は、この日ばかりは奉仕者(ほしゃどん)。奥さま方は、全体の運営やお食事・宿の手配等でお気を休めることのできないくらい大忙し。いつもの違う集落の顔になります。
けど、みんないい表情。ついついじーっと見惚れちゃいます。

私のおじいちゃんは、ほしゃどんでした。生まれたときには亡くなっていましたが、石見神楽の舞手で、格好よく舞っていたそう。私も石見っ子ですので、例にもれず「どんちきち」の大好きな子供でしたが(今もですが)、それはきっと、じいちゃんの血でもあるのです。
ずっと石見神楽を観て育ったので、もちろん、あのド派手な舞、軽快なお拍子が私の中の神楽という概念を形成しています。
一方、ここの神楽は、石見神楽に比べれば地味なのかも知れません。いえ、それは、ショー的要素が少ないという意味においては、きっとそうなのです。だけど、淡々と流れるリズム、舞から、祈りの強さをとても感じるのです。それが、集落の人のあたたかさ、大らかさ、そして時に垣間見える山を生きる人としての厳しさなどと重なって、もの凄いパワーとなって観る方に向かってくるのです。
でもそれは、ほしゃどん-祈る者が放つパワーだけではきっとありません。
周りで神楽を観ている多くの、自然から切り離された生活を送っている、つまり、祈りを捧げることからも遠ざかった生活を送っている者が、祈る者の姿を借りて注ぐ想い、祈りのパワーでもあるのです。
それぞれの想い、祈りがもの凄い塊となり、神楽宿の中を満たしていくのです。そして、それは来年の神楽の日まで集落を包むのです。そう思います。

f0015025_22381638.jpg

小さな小さな集落の神楽のお話でした。
[PR]
by quwaimai | 2008-12-10 21:42 | daily life
細島まち歩きwith小学生
f0015025_2214280.jpg
イチョウの木の美しい小学校の、まち歩き授業のお手伝いをしてきました。私も小学生に負けず劣らず、ドキドキワクワクしていたまち歩き。
f0015025_22143733.jpg
かわいい、でもキリっとした瓦
f0015025_22152010.jpg
西南戦争の戦没者を奉っている海軍墓地の向こうに広がる海のあるまち
f0015025_22155480.jpg
光差す道
f0015025_2216866.jpg
きっと、紫陽花がきれいな道
f0015025_22162436.jpg
ミニ貝塚
f0015025_22163845.jpg
猫が喜びそうな道(水の通り道だそう。これも生活道路)
f0015025_22165741.jpg
みんな同じ方向向いてどうしたん?
f0015025_22171229.jpg
日本最古の験潮場(ご苦労様です)元々は旧陸軍の所有物なので、星型マークは旧陸軍のマークだそう。レンガで囲んでおしゃれに
f0015025_22172565.jpg
ドキドキのつまった細島のまちでした。今度はゆっくり歩きたいです。
*
干物好きにはたまらん匂いがプンプンでした。

おまけ
[PR]
by quwaimai | 2008-12-06 22:18 | university